銘仙とは

 

大正、昭和初期に流行した平織りの絹織物です。

仮織りした糸に型紙を用い、捺染し、本織りをする技法がもととなっています。

Meisen is a plain woven silk fabric and they from Taisho to the beginning of Showa Eras(1910's to 1960')

There are three steps to make Meisen: 

1)Roughly weave the warp and weft together to make temporary silk fabric

2)Dye this silk with patterns

3)Pull weft and weave then,Meisen appeared as a silk fabric

 

 

アール・ヌーヴォーからアール・デコへと変化した時代に、西洋文化のモチーフや花、幾何学の

図柄などのデザインを斬新に取り入れた銘仙は、大正、昭和のデザイン象徴でもあります。

Meisen which adopted novel in its designs and began using patterns of Western cultural motif,flowers, and geometrical

patterns on its fabric is a symbol of originalities of Taisho and early Showa Eras,it was also at the time of changing

from Art Nouveau to Art Deco.

3000枚を超える銘仙を収集し、その銘仙着物を一目づつ解き、息を吹き返すように洗い、色柄を活かしたデザインで

着物からバッグへ創作活動をしています。

I have collections of more than 2000 pieces of Meisen Kimonos and fabrics.

I have stretched and washed Meisen Kimonos after I unsewed them in each piece and I am actively creating various

bags and accessories from them to make the best of Meisen Kimonos'patterns and colors.

LOTTA

ヴィンテージ銘仙を使い、さまざまな素材を組み合わせ、バッグを中心に展開したブランド。

すべて一点物の、その出会いが楽しくなるように、制作活動しています。

LOTTA+

ヴィンテージ銘仙を使った、日常に楽しめる雑貨小物を中心に展開したブランド。

いつもの毎日に"+プラス"すると、もっと楽しいアイテムをご用意しています。

青木 啓子

KEIKO AOKI